【加藤拓己】ゴリゴリ系ストライカーの魅力。空中戦の強さ、体の強さ。空飛ぶマッチョ!!

【加藤拓己】ゴリゴリ系ストライカーの魅力。

最近の日本にはこんなタイプのストライカーがずいぶん減ってきた気がする・・。

サッカー好きの中にはこんなゴリゴリしたストライカーを欲している人も多いんじゃないだろうか?

スポンサーリンク

【加藤拓己】ゴリゴリ系ストライカーの魅力。憧れの鄭大世(チョンテセ)に似たプレースタイル。

加藤拓己:プロフィール

生年月日:1999年7月16日

身長:181cm

体重:86kg

利き足:右

特徴:空中戦に強い

加藤拓己。最近にはなかなか見ないタイプのストライカーだ!

風貌もプレースタイルもまさに鄭大世(チョンテセ)に似ている!!

高校3年の際にその鄭大世(チョンテセ)が所属する清水エスパルスの練習への参加が叶う!!

実際に見た感想はとにかくオーラが凄かったそう!!もちろん練習相手がプロなので高校生の加藤拓己には厳しい相手。

練習中も片手1本で吹っ飛ばされた相手に対し鄭大世(チョンテセ)は軽々を背負いシュートまでもっていくようなシーンがあったそう。

2.3人を吹っ飛ばしながら泥臭くゴールを決める。これが2人に共通するゴリゴリストライカーを言われる所以だ。

スポンサーリンク

【加藤拓己】空中戦の強さ、プレースタイルはどのように培われたのか?空飛ぶマッチョ!!

加藤拓己は小学生時代に鹿島アントラーズジュニアに所属していた。

本人談として大きかった出会いが2つ。

一つはあの釜本邦茂さんの甥っ子にあたる木村匡志。FW出身という事でシュートに入るまでの動き、シュートの打ち方、ヘッドの仕方を教わったそう。

もう一つが鹿島アントラーズFWとして活躍した長谷川祥之。

ここで最初にやった練習がダイビングヘッドだったそう。

子どもはやっぱり練習が楽しいの大事だよなぁと改めて実感・・・。

このダイビングヘッドの練習がとにかく好きでたまらなかったと。

そしてシュートの練習ではループシュートをしようものなら怒られ、とにかく脚を振りぬいてシュートを打つ事を徹底的に叩き込まれたそう。

ただ鹿島でユース昇格はならなかった・・。数ある有名校からの誘いの中から選んだのは山梨学院。

1年時から試合に出場し、世代別代表にも呼ばれる事に!!

ここで大きかったのが現在、水戸ホーリーホックでブレイク中の前田大然である。以前に前田大然についてまとめた事あるので良ければ下記URL御覧ください。

【前田大然】まえだだいぜん(坊主orハゲ?)誰?J最速スピードのゴール動画 移籍も? 姉の前田千咲は朝ドラべっぴんさんの綾子役!

スポンサーリンク

この前田大然、加藤拓己のコンビは良かったなぁ・・・。

加藤拓己はそんな刺激ももらいながら成長していく。

ただ2年の秋に空中戦の競り合いから着地の際に左足首を剝離骨折・・。

決まっていた選手権にも出場が叶わなかった。

現在は全国選手権大会に向かっている。

進学先はどうやら早稲田大学になりそう。

今後きっとプロへの道に繋がるはず。

彼のさらなる飛躍を願います!!!

最後まで御覧いただきありがとうございました。

こんな記事も読まれています



検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

検索