【植田直通】日本代表としてW杯ワールドカップへ 。テコンドー日本王者。50mは6秒1身体能力抜群のハイスペック。顔はイケメンorブサイク?

次世代のディフェンスリーダー植田直通!!!!

スポンサーリンク

【植田直通】日本代表としてW杯ワールドカップへ 次世代のディフェンスリーダー

まずは彼のプロフィールから。

名前:植田直通

出身:熊本県宇土市

生年月日:1994年10月24日

身長:186cm

体重:79kg

血液型:A型

利き足:右

ニックネーム:ナオ

彼がサッカーを始めたのは小学校3年生。

ただ彼の場合、意外な事があります。サッカー以上に熱を入れてたものがあるんです。それがなんとテコンドー!!

なんと中学生の時にはテコンドーで日本王者になり世界大会へも出場

あの世界でもナンバーワン、オンリーワンと言われるスーパーストライカーのイブラヒモビッチもテコンドーの経験者なんですよね。

サッカーとしてのキャリアも順調で高校で選んだのは名門・強豪の大津高校。

入部してすぐに名門校の監督に極めて稀な素材と言わせ、1年時からスタメン、レギュラーとして活躍します。

スポンサーリンク

【植田直通】テコンドー日本王者、50m6秒1というハイスペック。

彼の魅力、特徴などをみていきましょう!!

自分から見た良いところになりますが・・・。

まずそのみてくれからのオラつき!!これが良いですねww

これが負けん気の強さ、野性的、ってとことに繋がるんでしょう!!

彼は小学校からサッカーをやってたものの中学まではまだそこまで本気でもなかった。高校進学の際にどうせやるなら本気で!プロを目指せる環境にという事で大津高校へ進学。

これができたわけってのは、やはり彼が持ちうるそのスペックの凄さなんでしょう!!

DFでこの身長ながら50mを6秒1で走れる!しなやかな筋肉を持ち動体視力が凄いという評判!

最初はその身体能力を買われ中盤などをやっていたが、高さ、強さを活かすためにDFに転向したその年にいきなり日本代表に選出される。

この凄すぎるスペックに当然プロの各クラブも注目。あの元日本代表の中田英寿がプロ入り前に11のクラブから誘いがあったと言われていますが植田直通も10以上のクラブからの誘いがあったそう。

おそらく中田英寿よりもクラブ数は多かったのでは?と言われています。

スポンサーリンク

【植田直通】顔はイケメンorブサイク?

植田直通は5人家族。両親、姉、妹だそうです。

彼女についても詳しい噂はでてきませんでした。

顔はイケメンorブサイク?顔はいかがでしょう?

筆者は漢気の感じる、オラオラ系で好きな顔ですかねw

植田直通の良いところとして彼は熊本出身。熊本と言えばあの被災があります・・・。この時の彼の行動は非常に良いですね!!

試合後にインタビューを求められ熊本出身の植田選手にとって今日は特別なプレーだったと思います。お気持ちをお聞かせください。とのインタビューアーに対し、目頭を押さえ、30秒ほど沈黙・・・。その後『僕にはそれ(サッカーで勇気づける、見てもらう)しかないんで。頑張ります!!』と!!その後実際に避難所を周り物資を実際に配ったそうです。

彼の年俸は2016年1,200万円。まだまだこっから増えるでしょう!!

海外移籍などもあるかもしれません。

日本代表のセンターバックと言えば吉田麻也!!イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンでもレギュラーとして活躍する彼のように次世代のディフェンスリーダーになり、さらなる活躍、日本サッカー界をさらなる高みへ導いてくれると信じ応援しましょう!!!

最後まで御覧いただきありがとうございました。

2017-8-31更新!

日本代表、オーストラリアに2-0で勝利しロシア・ワールドカップ行き決定!!

植田直通は代表に選ばれるもベンチ外。本番ではポジション奪取期待してるぞ!!!

こんな記事も読まれています



検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

検索