ヤニス・アデトクンボの身長は?NBAの新スター!最強のオールラウンダー!移籍や年俸は?wiki的プロフィール!グリークフリークとは?

NBA界で旋風を巻き起こしている人物がいる。

出身はギリシャ。遠い国へきてアメリカンドリームを掴んでいる男に迫る!!

スポンサーリンク

ヤニス・アデトクンボ。wiki的プロフィール!!

まずは彼のプロフィールから。

名前:ヤニス・アデトクンボ

出身:ギリシャ(親はナイジェリア出身)

身長:211cm

体重:98kg

手のサイズ:30.5cm(多分、通常の男性で20cmくらい・・・)

ウインドスパン:221cm

彼のプロデビューはギリシャから。

17歳の時だった。

デビューしてすぐにギリシャ代表にも選出。

そのシーズン、スペインのリーガに移籍が内定していたが、その恵まれた体格、プレーからNBAから注目も増し、2013年NBAドラフトにエントリーをし、1巡目15位でミルウォーキー・バックスから指名を受け、晴れてNBAプレーヤーとなった。

スポンサーリンク

ヤニス・アデトクンボ。最強のオールラウンダーへ!!!

ポジションとしては基本的にはスモールフォワード。

しかし、2014-15シーズンではヘッドコーチのジェイソン・キッドによりポイントガードとして起用され、その才能を爆発させはじめる!!

従来のポイントガードはどちらかというとサイズがあまりなく、俊敏性が優れて選手が任されることが多い中、この常識をぶち破ろうとしている。

ポイントガードの仕事としてボールを前に運び、状況を分析。インサイドに切れ込み、敵を引きつけフリーの選手をみつけパスをする。

しかしサイズのあるアデトクンボはフロントコートにもとどまりそのままプレイし、相手に脅威を与える。

現役時代にポイントガードとして素晴らしい実績を残したジェイソン・キッドがヘッドコーチだったのもアデトクンボにとり幸運だった。

ポイントガードとしてのさまざまな知識、経験を学び己を昇華させていく。

またアデトクンボは数字だけでなく記憶に残るプレー、試合を魅せてくれる。

まずは2015-16シーズンでのゴールデンステート・ウォリアーズ戦。

11得点、12リバウンド、10アシストのトリプルダブルを記録。

この時の相手のゴールデンステート・ウォリアーズは24連勝中のチームでどのチームにも止められない!!と言われていた。

そのチームに対し、トリプルダブルの活躍でゴールデンステート・ウォリアーズの連勝をストップさせる原動力となったのである。

2016-2017年には誰しもが憧れるブザービーターを決め逆転勝利を決めたり、このシーズンでは主要スタッツのポイント、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックの全てでチームの最多を記録、またそれぞれのスタッツがリーグでもトップ20に入るというNBA史上初の快挙を成し遂げる!!

ミルウォーキー・バックスとしてもオールスター出場選手としてもレイ・アレン以来だったり、トリプルダブルの記録もあのカリーム・アブドゥル=ジャパー(スラムダンクでもでてきましたよねw)を更新したり。

まさに凄すぎる活躍。

まだ、2018年で23歳という若さでこれからどんな記録を打ち立てていくのか非常に興味深い!!

スポンサーリンク

ヤニス・アデトクンボの移籍や年俸は??グリークフリークとは??

こんな凄い選手を見るとやはり気になるのが今後の移籍があるのか?また年俸がどれくらい?ってことですよね??

実は2016年に超巨額契約を行っています。

4年契約で1億ドル(日本円換算で約107億円)です。年俸換算にするとだいたい日本円換算で26-27億円。

おそらくミルウォーキー・バックスとしてもこのスーパースターは手放さないでしょう!!そのためのこの巨額契約!!

ただ、NBAといいますがアメリカのプロスポーツは日本に比べ、禁断の大型移籍、トレードの話もついてまわります。

もしかしたら、違うチームで見られることもあるかもしれませんね。

また彼には通称があります。『グリークフリーク』。意味はギリシャの怪人、ギリシャの奇人という言葉を韻をふんだものになります。

そんな『グリークフリーク』の今後を見守ってお別れとなります。

日本人NBAプレーヤーへ!!田中力は必ずやり遂げる!!!

田中力(バスケ)の身長は?NBA行きも?オリンピック期待の星。ダンク動画あり。気になるプロフィールや彼女の情報も!

最後まで御覧いただきありがとうございました。

こんな記事も読まれています



検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

検索