小林可夢偉コースレコードでポールポジション

小林可夢偉コースレコードでポールポジションゲット

スポンサーリンク

85回目を迎える伝統レース、ル・マン24時間耐久レース予選でトヨタ7号車の小林可夢偉がコースレコードでのポールポジションを獲得。

このコースレコードタイムが驚愕!!3分14秒791というタイム。従来のレコードタイムが2015年に記録された3分16秒887。

いかに速いかという事がわかる。

2位にも中嶋一貴が3分17秒128をマークしトヨタ・日本人がワンツーの快挙!

昨年のル・マンではトヨタチームは残り6分を切ったところで中嶋一貴の走行中にスローダウン・・・。

同一周回で走っていたポルシェに優勝が転がり込む事となった。

今年こそ日本人ドライバー、日本メーカーチームのル・マン総合優勝の悲願達成に期待がかかる。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています



検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

検索