林晃汰(こうた)智弁和歌山の天才。ドラフト1位候補!日ハム西川を超える?

今年の甲子園を沸かせる男はこの男だ!!

智弁和歌山の天才・林晃汰(こうた)。

スポンサーリンク

林晃汰(こうた)智弁和歌山の天才!!彼のプロフィールは??

まずは彼のプロフィールから。

名前:林晃汰(こうた)

生年月日:2000年11月16日

出身:和歌山県

身長:180cm

体重:90kg

投打:右投左打

高校:智弁和歌山

彼は小学校1年生の時に地元のチームで野球をはじめた。

小学校6年時には阪神タイガースジュニアにも所属しており、その頃から注目されていた。

中学進学とともに近畿地区の名門・紀州ボーイズに所属し全国大会にも出場!!

中学生ながら推定130mのホームランも打ったことがあるという・・・。

この頃から名は知れ渡り、高校も名門高から声がかかったそう。実に数10校との話も・・・。

その中で出身地でもある和歌山県の強豪・智弁和歌山に進学することを決意する!!

(個人的にはこのあたりは非常に好感度が高い!!!)

[ad#2]

智弁和歌山で磨かれたその才能は名将・高嶋監督からも歴代ナンバーワンとも!あの日ハム・西川遥輝を越える??

甲子園で春・夏合わせ64勝を誇る智弁和歌山の名将・高嶋監督を持ってして林晃汰(こうた)は歴代打者でも1.2だ!!と言わせるほど!!

智弁和歌山の卒業生にはあの日本ハムファイターズの西川遥輝がいる。

その西川遥輝と同じような評価をされているのだ!!

2年の夏の甲子園の県予選中に右肘を疲労骨折・・・。

その甲子園が終わってから手術をした。

試合に出れない中、チームメイトの奮闘で2018春のセンバツにチームは出場。非常に注目される存在だ。

チームの中で林晃汰(こうた)は3番を打つ予定だ!!

その後ろに控える文元、冨田もそれぞれ強打を誇る。このクリーンアップは2018年世代での全国でも最強とも言える布陣だ!!

[ad#3]

期待されるプロ入り。ドラフトの順位は??

まだ春のセンバツ前ではあるが夏の甲子園の先、そう当然プロ入りが期待される。

このドラフトでも1巡目の指名があってもおかしくない。

出場した甲子園の大舞台で強烈な1発をすでに放っており、勝負強さも見せている。

個人的に非常にプロ向きの選手だと思っている。

秋のドラフト会議でその名前が呼ばれるのが非常に楽しみである。

(もちろん、大学進学の可能性もあるが個人的には高校卒業のタイミングで是非、プロ入りして欲しいと思っている。)

彼の甲子園での活躍、その先のプロでの活躍を祈ります。

同世代の大阪桐蔭の天才・根尾昴!!!

https://jeekzeek.com/2017/10/09/neo-subaru-oosaka-touin-dorahuto-dorafuto-tennsai-kaibutu-bakemono-puro-kyuusoku-sutore-to-kazoku-isya/

100回記念大会に1年生の怪物登場!!!東海大相模・西川僚祐

西川僚祐(にしかわりょうすけ)東海大相模1年・4番。ドラフト評価は?恵まれた体格の秘密
こんな記事も読まれています



検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

検索