【半分、青い】主役 永野芽郁の熱愛彼氏は?かわいいorブス?ロケ地!物語の内容やネタバレ

毎回、毎回人気女優を輩出しているNHK朝の連続ドラマの第98作目『半分、青い』の主役が決まりました。

主役の永野芽郁ってどんな子?過去の出演作品は?熱愛彼氏は?かわいいorブス?

応募者2366人の中から主役を射止めたのは『永野芽郁』。

CMでは『カルピス』、『UQモバイル』、映画では『帝一の国』、『ピーチガール』、ドラマでは『いつかこの恋を思い出していつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』などなど話題作に引っ張りだこになっています。

永野芽郁ちゃんはどんな子でしょうか?

生年月日: 1999年9月24日
出生地: 東京都
血液型: AB型
事務所: スターダストプロモーション

スポンサーリンク

小学校3年生の時に吉祥寺でスカウトされたらしい。(スカウトの人の見る目は凄いな・・。)

2009年の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビュー、現在は『Seventeen』のモデルも務めています。

ブレイク女優の登竜門とも言われている全国高等学校サッカー選手権大会の応援マネジャーなども務め間違いなくブレイクする女優と言われています。

これだけ可愛く、綺麗で人気の女優さんですと彼氏の噂など気になりますよね。

2016年にはジャニーズの伊野尾慧さんとツーショット写真が出回り話題になりましたが、他の共演者も映っている写真もあり映画『ピーチガール』の時にモノを思われます。

真相は結局不明のようです。

顔はどうでしょう。って言うまでもなく可愛いですよね!!めちゃくちゃ!!そりゃこれだけブレイクするわ!!と納得です。

さて、永野芽郁ちゃんだけでなく朝ドラ『半分、青い』の話題を。

朝ドラ 『半分、青い』のあらすじロケ地や内容、物語は?ネタバレも??

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東濃地方のとある町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった。
高校卒業後、彼女は持ち前のユニークな発想力を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っただ中の東京に出る。師匠にしごかれアシスタント仲間と切磋琢磨(せっさたくま)して修業に打ち込むが、やがて挫折。結婚して一人娘を授かるものの、家計は火の車。ついには夢追い人の夫から離婚されてしまう。バブルはいつの間にか終わり、世は低成長時代。度重なる失敗の末、シングルマザーとなって故郷に戻った鈴愛は、そこで思わぬ転機を迎えることになる……。

スポンサーリンク

との事。

岐阜県!?岐阜県???きたーーーー!!!

撮影についてですが岐阜県で撮影との事!!岐阜県の中でも東濃地区と!!!

東濃地区とは多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市という場所が該当します。

これは完全に行動範囲だ!!!!

撮影が始まれば嫌でも耳に入ってくるでしょう!!

流行りの聖地巡礼じゃないですが、撮影場所に行って同じような写真を撮ってこちらにUPしようかと思います。

またキャストなど決まり次第、こちらもUPしようかと!

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています



検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

検索